お肌のしくみ

お肌(皮膚)も心臓や肝臓といった臓器と同じ臓器で皮膚は、皮膚層の「表皮」「真皮」「皮下組織」と、付属器として「爪」「毛」「皮膚腺(脂腺、汗腺、乳腺)」の総称です。爪や毛は表皮の細胞が変化したものです。

お肌(皮膚)の厚さは、平均すると約2㎜、お肌の外側で潤いを保つとともに、外部からの異物の侵入や刺激を防ぐ働きをしている表皮になるとわずか0.2㎜程度の薄い膜です。さらに、お肌(表皮)の一番外側を覆っている角質層になると0.01~0.02㎜になりラップフィルムより薄いそうです。ですから強くこすったり、引っ掻いたりすることはもちろん、強い洗浄剤ですぐにダメージを受けてしまいます。そこで刺激のない柔らかい天然素材でやさしくスキンケアをすることが大切になるのです。

表皮の内側にあり皮膚組織の大部分を占め皮膚本体といっていい真皮は、「コラーゲン線維」の束が網状になっており、その間にゼリー状の「基質」が満たされています。これに「エラスチン線維」も加わって、お肌の弾力や柔軟性が生まれます。真皮には、免疫細胞(組織球、肥満細胞等)や、毛包、皮脂腺、汗腺、血管、リンパ管、神経などがあり、生理的重要な働きをしています。なので、健康なお肌は体にとって、とても大切な臓器なのです。美容にも健康にも正しいスキンケアの重要性がおわかりだと思います。

お肌の潤いをもたらす皮脂は多すぎるとニキビの原因に!

皮脂は毛穴にある皮脂線(脂腺)から分泌されます。皮脂は水分の蒸発を防ぎお肌や髪に潤いを与えると共に光沢や滑らかさも与えます。また皮脂は、汗と混ざり皮脂膜を作りお肌を保護しますが多すぎると、お肌が汚れやすくなり、皮脂が刺激となりニキビや肌荒れの原因にもなります。頭皮と顔の額と鼻の部分いわゆる「Tゾーン」が最も脂腺が発達しているので、余分な皮脂はやさしく取り除くことでお肌本来の潤いや艶を保つことができます。

その他では、わきの下、外陰部、胸、背骨に沿った部分などで脂腺が発達しています。皮脂の分泌は女性の場合副腎アンドロゲンに、男性はテストステロンという性ホルモンに影響されます。また、年齢、季節、食べ物などによっても左右されます。女性の場合一般的に思春期から20歳代、男性では思春期から40歳代までにピークに達するようです。この期間の正しい全身スキンケアが大切です。

お肌は約28日で生まれ変わります。

皮膚の一番外側の表皮は外側から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」からなり毎日ケラチノサイト(角質細胞)が基底層で生まれ皮膚の表面に押し上げられていきます。

病原体や外気、化学物質などから守り体の水分蒸発を防ぐバリア機能を持つ角質層は役目を終えると角片(垢やフケ)として剥がれ落ちます。これを皮膚の新陳代謝「ターンオーバー」といいます。この周期は約28日と言われています。この周期が乱れるとお肌のトラブルが起こりやすくなります。遅れると古い角質が残り、ごわつき、くすみ、シミ、シワなどができやすく、早くなると未成熟な細胞が表面に現れ刺激を受けやすく、乾燥肌、肌荒れを起こしやすくなります。

周期の乱れる原因は加齢や更年期によるものから、季節や睡眠不足、ストレス、偏食、間違ったスキンケアなど様々です。

健康なお肌は自ら保湿成分を分泌し、角質層内に水分を蓄えお肌に潤いを与える機能が備わっています。健康な素肌は常に20~30%の水分が保たれるようにできています。つまり潤いのあるお肌は素肌の健康にあるといえます。

正しいスキンケアとは

「お肌(皮膚)の構造と機能を損なわないようにケアすること。」です。 お肌の一番外側の角質層には、潤いある健康な素肌を保つためのバリア機能が備わっています。この機能を壊すと肌トラブルが起きやすくなります。角質層を痛める原因として多いのが、「お肌の汚れ」、「お肌の長時間にわたる水濡れ」、「お肌のこすれ」です。

そして、もう一つ「間違ったスキンケア」があります。「洗いすぎ」「擦りすぎ」「保湿しすぎ」といった過剰ケアは禁物です。たとえば、石けんで顔を洗うとお肌はアルカリに傾きさらにタオルでゴシゴシこすりすぎると、汚れのほか新しい角質まではがれてしまい、徐々にバリア機能を損なってしまいます。

天然マンナン繊維でできている「こんにゃくスポンジ」は繊維そのものが水分を含みお肌を傷つけにくい水の膜を作ります。そして、やさしく撫で洗いするのが基本です。

一日中顔につけていたお化粧はしっかり落とさないと肌荒れの原因になります。専用のクレンジングでしっかり落とし、洗顔料で余分な皮脂を落とすことは大切です。洗顔料を使うときは、よく泡立て天然マンナン繊維のこんにゃくスポンジで円を描くようにやさしく撫でるように洗ってください。洗顔料は使わなくてもご使用いただけます。

入浴時、湯船につかって血行が良くなり体がかゆくなることはありませんか?つい爪を立てボリボリ搔いてしまい肌が赤くミミズばれになったことはありませんか?そんな時は、湯船の中でこんにゃくスポンジを使ってかゆいところをさすってください。お肌を傷つけることなくかゆみが取れて気持ちいいですよ。過度にお肌を刺激しないのでかゆみのぶり返しも抑えられます。

こんにゃくスポンジにニキビや肌荒れを直接治癒する効果はありません。 しかし、こんにゃくで出来た天然マンナン繊維のこんにゃくスポンジは正しく使うことでお肌を傷つけることなくお肌をツルツル、スベスベにしてくれます。 お肌の持つ自然治癒力(新陳代謝)を邪魔せず本来のみずみずしい潤いのある艶やかなお肌へ。ぜひお役立てください。